右良し!左良し!安否確認で社員と会社の未来を守る

もしもの災害時の連絡

震災が多い日本

システム

現在、急な災害により、大きな被害を受けてしまうという可能性は決して低くありません。特に都心部などは、万が一の災害に対して対策を行なう必要があります。これは社会においても同じで、もしもに備えた対策は非常に重要なものです。特に日本では地震による被害が多い国でもあります。震災による被害を自社でも把握するためには、社員それぞれの安否確認が必要になってきます。緊急事態になった際に連絡を取れる状態であれば、安全な避難経路の連絡や二次災害の注意なども容易になりますし、何より自社の営業にどのような影響を受けるかという把握が可能になるのです。そのため、安否確認をスムーズに行える環境が必要になり、安否確認サービスを提供している業者を利用する事が大切なのです。

社員の安否確認は大切

社員の安否確認を行う方法として、メールにて社員の携帯端末に一斉送信するというのが一般的です。どのような状態かを伝え、状況を瞬時に伝えることが出来るほか、安否確認の返信を集計して、社員の状況を把握することが出来ます。また、安否確認サービスを提供している企業も多く、それぞれが独自に違うサービスを提供しています。基本的な内容は同じですが、もしもの災害時に、社員の家族の安否確認も同時に行うことが出来るというサービスもあります。被害状況を詳しく把握しながらも、大切な家族の安否も同時に行える為、社員にも大きなメリットを生むことが出来ます。このように、安否確認サービスを利用することは、働いている社員にも、万が一の対策として機能させることが出来るのです。